本文へスキップ

いずみ野村ファミリークリニック 仙台市泉区野村泉中央 胃腸内科・外科・内科・内視鏡内科・糖尿病内科・小児科 日曜診療 大沢 富谷市 富谷町 明石台

 

治療方針policy&FAQ

糖尿病

糖尿病は高血糖状態が慢性的に続くことで自覚症状がないまま血管障害などの合併症が進行し、『のどが渇く、頻尿、疲れやすい、痩せてきた』などの症状が出た時にはすでにかなり進行しているという、非常にこわい病気です。
健診で糖尿病予備軍と指摘をうけた方にも、合併症の血管障害がはじまっているともいわれ、早期の診断と治療がとても大切になってきます。
近年、糖尿病の治療に関しても新薬が次々と発売され、膵臓をできるだけ保護する方向にいくなど、大きく変わっています。
HbA1c院内検査可能

生活習慣病高血圧

糖尿病治療に関しては、食事、運動療法をはじめとして、内服薬、そしてインスリンなどの注射薬があります。様々な組み合わせがありますが、患者様それぞれの病状や生活に合わせた治療を選択していきます。
食事や運動、内服薬やインスリンの選択・調整に関して、入院管理での経験談を交えてお話しします。
検査で重症の糖尿病とわかった場合には、通常は入院してインスリン注射を用いた強化インスリン療法という治療を行います。このような患者さんは高血糖状態が長く続いているため、インスリンを出す膵臓のほうもかなり疲れてきていて、体の中に悪循環が生じ、なかなか血糖が下がりにくくなっています。疲れた膵臓を休ませ、この悪循環を断ち切るため、1日4回ほどのインスリンを注射し体の外から補充してあげます。
興味深いことにこの強化インスリン療法を行っていると、ある時を境に症状が消失したり、血糖の値が良くなってきたりと、今までかかっていた霧のようなものが一気に晴れたようになることがあります。この状態になることを『糖毒性の解除』と言ったりしますが、治療面ではこのあたりをさかいにインスリン注射の量を減らしていくと同時に、退院を考えてライフスタイル(生活習慣)に合わせた内服薬をはじめたり、調整したりしていきます。
つまり、高血糖状態、糖毒性という悪循環の霧が晴れた状態で初めて、必要な治療が見えてくるといったイメージです。場合によっては、そのままインスリン治療をやめられるケースもあります。内服薬の調整は入院管理のなかで行いますので、その薬の効き方、副作用など毎日細かに観察できるため、内服薬の効果をある程度イメージできるようになります。また入院では糖尿病教育や食事・運動療法などいろいろなことを行います。
糖尿病患者さんの管理に関してはこの入院管理が基礎となっているところも多く、普段の外来診療にも役立てさせて頂いております。
生化学検査院内にて当日検査可能

糖尿病インシュリン注射

当院では、ある程度進行していて入院が必要といわれたが、仕事が休めないなどの事情があって入院できないという方にも、入院と同じような方法で(低血糖など起こさないよう安全に行うため少し時間がかかりますが)外来でのインスリン導入など安全な範囲で通院治療を行っています。※インスリンを使用する場合は、高血糖状態の悪循環を解除するための一時的な手段ですので、悪循環が解除されれば、やめて内服に切り替える方向に考えます。インスリンはやめることも可能ですし、ずっと続けなければならないというわけでもありません。
血糖値は血圧のように気軽に自宅では測れず、なかなか実感もわきません。このため、『数値もわからないし症状もないのになぜ薬を飲まなければならないのか』と困惑されることも多いかと思います。繰り返しになりますが、糖尿病はある程度進行するまで症状が出ることはなく、知らないうちに様々な合併症も進行し、気づいたら引き返せなくなっていることが多いとても怖い病気です。症状もなく経済的負担も生じてくることからも、治療を継続していくのは簡単なことではありませんが、後から取り返しのつかないことにならないよう、出来るだけ無理なく、ご要望に沿った治療を一緒に考えご提供できるよう努めていきたいと思います。さらに、大まかでもいいので糖尿病に関しての知識や理解があれば、治療の目標も見え、やる気や積極性も生まれてきますし、良いことがたくさんあります。そこに少しでもお役に立てればと思っています。
健診で血糖値が高かった方や予備軍と指摘された方、下記の症状があり糖尿病がご心配の方

●のどが渇いて、頻尿がある ●疲れやすい ●痩せてきた●身近な血縁者に糖尿病があり心配

また、治療に関するご相談のみでもお待ちしてますので、どうぞお気軽にいらしてください。
当院では、患者様の生活習慣に沿って、まずしっかりとすい臓を休ませてその回復の可能性を十分に引き出してあげること治療の出発点としています。重症の患者さんで治療開始時にやむを得ずインスリンを使用する場合は、それが最善の方法である場合に限り使用し、原則、一時的な使用で済ませられるようにしています。

※インスリン導入については、重症で入院加療を勧めるも、家庭や仕事の事情で入院できなかった患者様に十分な説明のうえ行っています。インスリン導入中も受診の頻度は2~6週に1回に留めるようにしています。
あるところまでの改善は見られるものの今一つ伸びが良くないといった場合には、『高度の肥満で減量が難しい』、『仕事や付き合いで生活習慣の改善が難しい』、『お酒を減らせない』、そして『長年の糖尿病歴ですい臓の機能回復に限界がある』などの理由が潜んでいます。このような場合どんなに頑張っても限界があるところもありますが、合併症が進まない(ヘモクロビンA1cが7%を下回る)範囲で治療を続けられることを目標に、患者様に合った無理のない治療ができるよう努めています。

このほかにも、多彩な糖尿病治療薬の中から、患者様に合ったお薬の組み合わせを探し、経済的負担も最小限に抑えてあげられるよう考えて診療にあたっています。また、必要な場合には当院の管理栄養士さんのお話で糖尿病という病気の知識をさらに深めて頂き、生活習慣の改善にお役立ていただいています。

鎮静剤

苦痛の無い内視鏡、眠っている内視鏡
安定剤の併用に関して
ご希望される方には適量の軽い安定剤を用いての内視鏡検査も行っています。検査後1時間前後、リカバリールームで安静による経過観察後のご帰宅になります。また、当日は眠くなることもありますので、検査後の自動車や自転車の運転はお控え頂き、ご来院には公共交通機関などのご利用をお願いしています。

痛風

院内検査システムにより尿酸を即日測定可能

漢方薬処方

症状に合わせて漢方薬の処方も対応します。

各種迅速検査

溶連菌感染、マイコプラズマ肺炎、インフルエンザ、ノロウイルス

アレルギー

アレルギー性鼻炎、花粉症、乾燥肌

風邪症状

発熱、咽頭痛、咳、鼻などのかぜ症状、

その他症状

 むくみ、胸痛、腹痛、胸やけ、胃の痛み、吐き気、貧血症状、便秘、血便、喘息、じんましん、帯状疱疹、夜間頻尿、尿路感染、頭痛、肩こり、飲み込みにくい・つかえる等の嚥下機能低下足がつる、冷え性、疲れやすい等、大人の方からお子様まで地域のかかりつけ医として幅広く診察させていただきます。

高脂血症

自由診療

プラセンタ注射、にんにく注射、
ED,AGAは男性医師が直接渡します。
各種健診

乳がん検診

超音波検査等

24時間ホルター心電図検査

とても小さな心電計を院内にて装着します。24時間心臓の動きを記録することで移動、食後、仕事中、睡眠中、等心臓の状態を把握出来ます。
痛みもなく簡単な検査です。

睡眠時無呼吸検査

当院にて睡眠時無呼吸検査が可能です。
いびきが酷い、日中眠気が強い、ぼーとする、簡単な検査器機をお貸し出ししてご自宅にて取り付けし普通に就寝するだけの簡単な検査です。寝ている間の呼吸等の状態を器械が記録します。

胃腸内科

 食道がん、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、食道アカラシア、胃がん、胃炎、胃潰瘍、ピロリ菌除菌、大腸がん、大腸ポリープ、感染性腸炎、胆石、膵炎、下痢、おう吐、腹痛、過敏性腸炎など

外科

甲状腺がん、バセドウ病、橋本病、外傷処置(切り傷、擦過傷)、縫合、火傷、捻挫、打撲

肛門

痔、脱肛

血管年齢・血管の硬さ測定

血圧脈波検査装置を導入しました

血管の硬さ、血管の詰まり、血管年齢が測定できます。
費用(通常診療+約110円~330円)
心筋梗塞や脳卒中の危険性の予測だけでなく、高血圧や糖尿病、高脂血症など生活習慣病の治療効果の判定にも有用とされている検査です。


   

めまい

重心動揺計を導入しました
めまい、ふらつきを感じたら検査しましょう
費用(通常診療+約400円~1200円)
からだのふらつきや、めまい・平衡障害を評価し、治療の経過観察に有用な検査です。めまいが正常範囲か異常か、末梢性(耳)か中枢性(脳)の鑑別ができます。

適応疾患:平衡障害、メニエール病、突発性難聴、前庭神経炎、脳血管障害など





      

【採血・採尿等】

①炎症の程度(白血球数など)
②貧血の有無(赤血球数など)
③糖尿病検査(血糖値、HbA1c)
④尿検査
<上記①~④は10分前後で結果が出ますので当日にお知らせできます>
⑤肝機能・腎機能・電解質(塩分、鉄分・カルシウムなど)
⑥コレステロール・中性脂肪・尿酸値 等
<⑤⑥も院内で当日検査が出来るようになりました。>
   

【レントゲン検査】

胸部・腹部等のレントゲン検査ができます。

   

【骨密度測定】について

骨の強さを判定する際の重要な尺度の1つに「骨密度」があります。
当院でも骨密度測定が可能となります。
定期的な検査をお勧めいたします。


【ピロリ菌検査】

①尿素呼気試験(空腹時検査)
ピロリ菌に感染しているかどうかの診断や除菌薬内服後の除菌判定の検査。
呼気を採取する簡単な検査で、当日その場で結果をお知らせできます(即日結果)。
②迅速ウレアーゼテスト
胃カメラ中に少量の組織を採取して検査します。
→即日結果
③血清ピロリ菌抗体検査:採血
→後日結果
④便中ピロリ菌抗原検査:便の提出
→後日結果

【胃カメラ】空腹時検査

朝食抜きで来院されれば当日の検査も可能ですのでご相談ください。経口、経鼻内視鏡どちらでも対応できます。検査時間のめやすとしては、5分~10分前後です。食後6時間以上経過していれば午後の検査も可能ですのでご相談ください。

【大腸カメラ】午前・午後

検査前準備で前日の下剤内服などがあり基本的に予約制になります。検査時間の目安としては、15分前後です。
※希望される方には軽い静脈麻酔(安定剤)を使った内視鏡検査も行っています。
 �

【腹部超音波検査】空腹時検査

おなかにゼリーを塗って観察する検査で苦痛の無い検査です。検査時間は10分前後です。

●肝臓(脂肪肝、肝炎、肝血管腫、肝嚢胞・閉そく性黄疸、肝臓がん)
●胆のう・胆管(胆石、胆のうポリープ、胆のう腺筋腫症、胆のう炎、胆のうがん、総胆管結石、胆管炎、胆管がん)
●膵臓(急性・慢性膵炎、膵のう胞、膵石、膵臓がん)
●腎臓(腎のう胞、腎盂腎炎、尿管結石、腎臓がん)
●大腸(憩室炎、虚血性腸炎、虫垂炎、大腸がん)
●前立腺肥大・前立腺がん、膀胱がん
●甲状腺・乳腺
などの診断が可能です。
また、腹痛で来院された場合、痛みの部位にエコーをあてることである程度の診断がつけられる場合もあります。
食後6時間以上経過していれば午後でも検査は可能です。
診察室内に設置し、すぐに検査できるようにしていますので、お気軽にご相談ください(検査費用は3割負担の方で1500円前後になります)。

【頸動脈エコー検査】 随時可

動脈硬化の程度を判定できます。

【心電図検査】随時可



※各種健康診断は随時受け付けております。







内視鏡検査について

内視鏡検査は決して楽な検査ではありませんが、病気の早期発見には欠かせない検査です。自分自身。内視鏡を受けるのが苦手だったこともあり、内視鏡を握るようになってから、受ける方の立場に立っていかに安全に、そして苦痛なく検査を受けられる方法はないものかと常に考え、良いと思った方法は積極的に取り入れてきました。
検査側の技量はもちろん、検査前の前処置、内視鏡機器の種類、検査を受ける方の姿勢ひとつでも負担は随分と違ってくるものでした。また、手に伝わる感覚では、検査側に力が入るときは受ける側も大変であり、なるべく力を必要としない検査が安全で負担が少なく、理想的な検査になるであろうことも学びました。
しかし一方で専門施設や総合病院などでは、より正確な診断や治療が求められるため、時間がかかったり苦痛を伴う検査も少なくなかったことは事実です。
ドックや健診、腹部の症状があってクリニックを受診される段階で重要なことは、病気の詳細ではなく、まず、心配な病気があるかどうかを確認することですので、検査にかかる苦痛や負担は最小限に抑えなければなりません。
胃がん検診も徐々にバリウム検査から内視鏡検査へシフトしていく傾向の中、『実際そんなに苦しくなかった!』、『このぐらいだったら大丈夫!』というのがやはり定期的に受ける検診や気軽に受けられる内視鏡検査としては必要なことで、この積み重ねが病気の早期発見にもつながっていくのだろうと思います。
内視鏡機器を選ぶにあたっては、患者様の安全と負担軽減を第一に考えかつ、十分な診断能力を持った機器を選択しています。口からの経口内視鏡は細くて操作性が良く画質もきれいなものを選んでおり、今まで苦手意識が強かったという方でも、安定剤未使用でも苦痛少なくできたとの声も多数いただいています。また今回、最新の経鼻内視鏡も取り入れていて、画質もきれいで診断能力を落とすことなく、咽頭反射の少ない鼻からの内視鏡を行えます。また、経鼻内視鏡を使用した口からの検査も可能です。
今回、開業医として地域の皆様に貢献させていただく立場になり、病気の早期発見と患者様の負担軽減、安全性を第一に考え、気軽に受けられて苦しくない内視鏡検査を目指していきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。
※※胃カメラ・大腸カメラともに予約なしでも当日に検査が出来ます。また、胃と大腸の同日検査も可能です。

検査のご案内(診療日は毎日検査を行っています)

胃カメラ

〔予約なしでの当日検査が可能です。お電話による事前予約も行っています。〕
※当日検査をご希望の方は、当日の混み具合により、お待たせしたり、検査が難しい場合もあります☎ 022-342-1537
● 午前の検査は、前日21時以降のお食事はお控えください。
● 午後の検査は、昼食をとらずにお越しください(食べない時間が6時間以上空いていると検査がスムーズです)。
● 水分は透明なものであれば検査当日も適度にとっていただいて構いません。
● 経鼻内視鏡・経口内視鏡どちらも選択できます。
● 当日検査や事前予約の方は来院後に診察し、その日の体調や内服薬の確認後の検査となります。

大腸カメラ

(予約なしでの当日検査が可能です)
午前の早い時間に検査をご希望の方は前処置(腸管洗浄剤のお渡しなど)の都合で1度来院頂き検査の予約を取っていただいておりますが、それ以外の時間帯は予約なしでの当日検査も行っております。
※予約なしで当日検査をご希望の方は、当日は朝食は取らずに午前中早めに来院して下さい。


※検査前日の食事に関しては、昼食から消化の良いもの(右図:素うどん、軽めのおかずなど)を食べてください。便秘の強い方など心配な方は大腸検査食(クリアスルー食:1日分で1,200円程度)を受付で販売していますので、あらかじめ購入してください。水分は検査当日も適度にとっていただいて結構です。

※腸管洗浄剤(下剤)は検査の約3~4時間前から開始して頂きます。
※下剤は(持ち帰って)自宅で飲んできても、院内スペースをご利用いただいてもどちらでも構いません。
※液体の腸管洗浄剤が苦手な方は、水やお茶と一緒に飲む錠剤のほうも選べます。


※ 安定剤の併用に関して
ご希望される方には適量の軽い安定剤を用いての内視鏡検査も行っています。検査後1時間前後、リカバリールームで安静による経過観察後のご帰宅になります。また、当日は眠くなることもありますので、検査後の自動車や自転車の運転はお控え頂き、ご来院には公共交通機関などのご利用をお願いしています。


当院の内視鏡室・設備機器のご紹介

検査中はリラックスした雰囲気のなかで出来るだけ不安なく検査を受けていただけるようスタッフ一同努めています。
検査ごとに適切な内視鏡洗浄・消毒を行っていますので、安全、安心して検査を受けていただけます。
安全・快適・清潔な環境で良質な医療をご提供致します

内視鏡機器・設備を選ぶにあたっては、患者様の安全と苦痛の軽減を第一に考えました。口からの経口内視鏡は細くて操作性が良いものを、鼻から入れる経鼻内視鏡は最新のものを取り入れましたので、画質も十分きれいで診断能力を落とすことなく、咽頭反射の少ない鼻からの内視鏡を行えます。経鼻内視鏡を使用して口からの検査も可能です。
大腸内視鏡は挿入困難例や腹部術後の患者さんにも対応できる機種を導入しました。
検査後の内視鏡の洗浄は「消化器内視鏡の洗浄・消毒ガイドライン」に基づき、専用の洗浄室を設け各検査ごとに確実な消毒をしておりますので、安心して検査を受けていただけます。


オリンパス社製内視鏡システム

当院では各種大学病院でも採用しているオリンパス社製の内視鏡システムを導入しています。観察性能、操作性・挿入性向上を目指した国内向け内視鏡ビデオスコープシステムの最上位機種で、これまで経鼻内視鏡検査は、経口内視鏡検査に比べて画質の面で劣るとされてきましたが、この最新機種では、経鼻内視鏡スコープもハイビジョンに迫る高精度な画像が描出可能になっています。

●オリンパス社製内視鏡スコープ
● 経鼻内視鏡
● 細径経口内視鏡 
● 大腸内視鏡


オリンパス社製 NBIシステム

診断能力の向上を目的にNBI(Narrow Band Imaging)システムを導入しています。NBIシステムは、早期の咽頭がんや食道がんなど通常の観察では発見が困難な病変を見つけることが可能であり、病変の広がりを診断する際にも優れた効果を発揮します。
※食道がんの多くは『お酒を飲むと顔が赤くなる、胸がドキドキする、二日酔いになりやすい』体質の方や『たばこを吸う方』に発症するため、リスクの高い患者さんではNBIにて注意深く観察することが大切です。

オリンパス社製 二酸化炭素送気装置(UCR)

内視鏡検査では胃や腸を膨らませて隅々まで観察しますが、送気(胃や腸を膨らます気体)に二酸化炭素が利用できる機器です。多くの総合病院や専門施設で導入されていて、使用による安全性も確認されています。二酸化炭素(炭酸ガス)は腸管から速やかに吸収され呼気中(吐く息の中)に自然に排出されるため、検査中のお腹の張りや痛みが大幅に抑えられ、検査後もつらいおなかの張りがほとんど残りません。また大腸検査などでは検査中の空気量が最小限に抑えられるため、より苦痛無く短時間での内視鏡検査が可能になっています。腹満や腹痛は、ひどい場合には血圧の低下や徐脈(脈が遅くなる)を起こすことがありますので、この点においても体への負担が少なく安全に検査が行えるため、当院でも積極的に導入しています


ピロリ菌感染診断用呼気ガス分析装置 POCone(大塚製薬)

ピロリ菌の感染診断、除菌判定に使用します。
検査は、お薬を1錠飲んで息を袋にためるだけで、検査後10分程度で結果がでます。
『尿素呼気試験』はピロリ菌診断検査の中でも信頼性が高く、負担のない検査です。
ピロリ菌の除菌は、通常は1週間、除菌のお薬を飲んだ後、6週間前後空けて除菌されたかどうかをこの検査で判定します。当院では当日に結果をすぐにお伝えできるよう院内に機器を設置しました。

オリンパス社製 洗浄用送水装置(OFP2)

消化管粘膜洗浄用の送水装置です。粘液などが付着し観察が十分に出来ない場合に効率よく洗って、観察に適した状態にすることができます。当院では必要に応じてこの機器を使用し、より見やすい状態にして観察しています。


NIHON KOHDEN社製 生体モニター

簡単な器具の装着で血圧や脈拍、心電図、血中の酸素濃度を観察できます。患者様の体調変化を把握し、安全に検査や治療を進めるため、必要に応じて使用します。安定剤や鎮静剤を用いたり内視鏡治療を行う際には必ず使用し、より安全にリラックスして検査・治療を受けていただけます。

内視鏡洗浄室・消毒室

「消化器内視鏡の洗浄・消毒ガイドライン」に基づき、専用の洗浄室を設け、検査室とは別室で十分な換気ができる環境で内視鏡の洗浄・消毒を行なっています。
洗浄には専用のシンク、最新の内視鏡洗浄システムを使用し、検査ごとに適切な洗浄および高水準消毒を行い、内視鏡検査による患者間の交差感染を防止しています。
※内視鏡自動洗浄・消毒装置を用いることで、消毒薬への接触機会を可能な限り減らし、窓の開放や洗浄機排気口付近の低い位置(消毒薬の蒸気は空気より重いため)に強力な換気装置を設置するなど、消毒薬の暴露防止対策も行いスタッフの健康・安全面にも配慮しています。


オリンパス社製 内視鏡洗浄システム

内視鏡器具の洗浄・消毒は、日本消化器内視鏡学会の「洗浄・消毒ガイドライン」に沿った取り扱いを行なっており、当院ではオリンパス社の内視鏡洗浄システムを導入しています。短時間で内視鏡の自動洗浄・高水準消毒が可能です。
各検査ごとに確実な消毒を行っていますので、常に清潔な状態で安心して検査を受けていただけます。
※患者様にどの内視鏡を使用し、どのような洗浄・消毒を行なったかなどの履歴を管理し、一層の安全に配慮しています。


オリンパス社製 超音波洗浄機(ENDOSONIC)

内視鏡検査関連器具を洗浄する機器で、繊細な部分の洗浄をより確実なものにしています。

TAKAZONO社製 高圧蒸気滅菌機

内視鏡検査時に使用する処置具や、内視鏡の洗浄に使用する器具などを滅菌・消毒する機器であり、適切な水準に応じた滅菌・消毒を行なっています。


   

IZUMI NOMURA FAMILY CLINICいずみ野村ファミリークリニック

〒981-3124
宮城県仙台市泉区野村字桂島東1-5
TEL 022-342-1537
FAX